3分で分かる。お金を借りるのが初めてなら知っておくべき2つのこと

知らなきゃマズイ!お金を借りるのに最重要なポイント2つ

早く優良カードローンを見せろ!という人は、コチラをクリックしてくれ。

 

お金を初めて借りることになった。そんなアナタは最低限抑えるべきポイントを「2つだけ」覚えておこう。

 

これを知っておかないと、お金が借りられない、もし借りられても無駄な利息を払うことになる。

 

お金を借りるには、「カードローン」という選択肢が一般的なわけだが、このカードローン会社というのはマジ数が多い。

 

初めての人が自分に最適なカードローンを選ぶことはまず不可能。

 

ケンドーコバヤシが風俗通いを卒業するレベルでまず不可能だ。

 

なぜか。
まずお金を借りるのにカードローンの仕組みすら、きちんと理解していないからだ。

 

でも決して攻めているわけではない。お金を借りるのが無縁な生活だったから、いわば知らない状態が普通なのだ。

 

しかし特に重要なのが「審査と金利」の問題。

 

分かりやすく簡潔に説明するが、その前に大前提として「20歳以上で安定した収入」が無い人は、ぶっちゃけ安心して利用できるカードローンは使えないから諦めよう。

 

安定した収入ってどんだけ〜?

年収200万で底辺…なんて言われるが、ぶっちゃけそこまで年収が無くてもお金は借りられる。もちろん、借りられる金額は年収に比例するが。

 

バイト代が毎月6万円しかない!という人でも、安定収入と考えられる。

 

毎月コンスタントにある程度決まった給料がもらえている人。これがカードローンでお金を借りる条件だと思ってもいい。

 

返済は毎月行うものなので、今月は給料13万だけど、来月は2万しかない…というアップダウンが激しいよりも、安定した給料がある方が返済能力があるとみなされるからだ。

 

ポイント
毎月数万円のバイト代やパート代でも、コンスタントに貰える給料は安定収入となる。

では、今から重要な「審査」と「金利」について説明していく。

お金を借りるのに最重要な審査と金利の問題

審査に落ちると厄介な理由

結論からいうと、1回でも審査に落ちるとお金を借りられる可能性は一気に低くなる。

 

審査に落ちるとフリダシに戻され、新たに別のカードローン会社を選んで申し込み・審査を受ける必要がある。

 

まずコレが最もダメなパターンだと覚えておいて欲しい。

 

ポイント
1度でも審査に落ちると確実に次にも影響する。目指すは審査1発クリア。

 

審査落ちは次の審査にも大きく影響する

お金を貸す為の審査は、個人の信用情報をもとに返済能力を見極める。

 

この信用情報に「カードローン申し込み」の記録が最長で半年は残る。

 

つまり。審査落ちの記録が全ローン会社で閲覧できるので、次の審査にも大きく影響するのだ。

 

客観的に考えて、1度でも審査に落とされれた人の返済能力は疑わしいと思われるのは当然。そんな人にカードローン会社はお金を貸したいと思うだろうか?

金利を無視できない理由

結論からいうと、これを知っておかないとカードローンの利息を無駄に払うことになる。

 

カードローンの金利は一般的に銀行で借りるよりも高い。

 

ただ銀行でお金を借りるのは非常にハードルが高いし時間が掛かる。だからみんな少々金利が高くてもカードローンでお金を借りるのだ。

 

しかし金利は以下のようにかかってくる。

 

例:10万円を年率18%で30日借りた場合

 

1日当たりの利息
10万円×18%÷365日=約49円

 

30日分の利息
49円×30日=約1,470円

 

10万円と1470円を比べたら微々たるものかもしれないが、普通に考えて1470円を無駄に払うのは誰でもイヤなはずだ。

 

例え1470円でも払わない方がいい。普通に考えてご飯1食分にはなる金額だ。

 

ポイント
1000円を落としたら凹むはずなのに、利息の1000円を気にしないのはオカシイぞ!

 

ムダな利息を払わない為に「無利息期間」を利用する

この金利が一定期間はゼロですよ〜という「無利息期間」を設定しているカードローンを選ぶべきだ。

 

数多いカードローンの中でも、この無利息期間が長いのが「アコム」である。

 

あの永遠に年を取らない永作博美がCMをやっているアコムは、30日間は利息がゼロというサービスを行っている。(ただし初めて利用する人に限るが)

 

この30日間に完済してしまえば、利息がゼロ円でお金を借りたことになる。

 

例え完済できなくても、できるだけ多めに返済しておけば後々払う利息はかなり減る計算になる。

 

カードローンを利用する場合には、無利息期間があるところを利用するのが間違いない。

 

なるべく低金利のところで借りたいと思って業者を探している人も多いが、実は低金利のカードローン業者は審査が厳しかったりもする。

 

上述したように、審査にはなるべく落ちないことが望ましい。
でも低金利で借りたいけど、審査が厳しい。

 

この矛盾するジレンマの中で貸金業者を選ぶわけだが、低金利だけに目を奪われれはダメだ。

 

アコムのような無利息期間のある会社なら、低金利の銀行系カードローンよりも借りやすいので審査に落ちるリスクも減らせて、利息負担も減らせるのだ。

 

また無人契約機の数もアコムは多いので、振り込みの時間に間に合わなかったとしても無人契約機に行けば現金を直接受け取れるので、アコムのような大手はお勧めだ。

 

ポイント
低金利で借りたい!でも審査落ちはイヤ!という欲張りに人気なのが無利息のアコムである。

初めてでも安心の借入先ランキング

 
業界最大手のアコム
アコムイメージ
アコムが人気の理由

業界最大手のアコムは、三菱UFJフィナンシャル・グループなので安心・安全。業界最速の「最短30分審査」や業界最長の「初めての方なら最大30日間無利息」など、大手企業の圧倒的なサービス力を誇る。 また、オペレーターの対応が親切で好感がもてるとの利用者の声も多い。

審査 最短30分
融資スピード 最短1時間
無利息期間 初めての方は最大30日間
収入証明書 原則50万円以下の借り入れは不要
 
30日間無利息のプロミス
プロミスイメージ
プロミスが人気の理由

プロミスにも、初めて利用する人は30日間の無利息サービスがある。※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要。
また、プロミスにしかない「瞬フリ(振込キャッシング)」三井住友銀行orジャパンネット銀行を持っていれば、土日祝でも22時までに契約完了で24時間振込可能だ。このサービスは見逃せない。
誰かにバレるのが怖い!という人は、Web完結も可能。郵送物なし・カード発行なしも選べるから、家族バレのリスクもない。
女性オペレーターが対応してくれる女性専用の>>レディースキャッシングも人気だ。

審査 最短30分
融資スピード 最短1時間
無利息期間 初めての方は最大30日間
収入証明書 原則50万円以下の借り入れは不要
 
みずほ銀行ユーザーに人気!みずほ銀行カードローン
みずほ銀行カードローンイメージ
みずほ銀行が人気の理由

手元にみずほ銀行の通帳があるorみずほダイレクト利用中の人は、200万円以下の利用に限るが提出書類不要のWeb完結申込がオススメ。これなら最短即日で利用が可能になる。
配偶者に収入があれば専業主婦でも30万円までスピード融資OKなのはポイントだ。

審査 最短即日
融資スピード 最短即日※みずほ銀行の口座が必須
無利息期間 なし
エグゼクティブプラン:金利年3.0%〜7.0%
コンフォートプラン:金利年3.5%〜14.0%
※プランは審査の結果によって決定。住宅ローンの利用で金利を年0.5%引き下げ。
エグゼクティブプランの年3.0%、コンフォートプランの年3.5%は引き下げ適用後の金利です。
収入証明書

土日・祝日に即日融資でお金を借りたいなら、こちらのページの「休日の正しいお金の借り方」を読むと理解が深まるぞ。

クレジットカードでお金を借りない方がいい理由

クレジットカードのキャッシングを使う馬鹿にはなるな

 

お金を借りる選択肢として、カードローン以外にも「クレジットカードのキャッシング枠」というものがある。

 

利用限度額50万円の一般的なクレジットカードを持っているなら、キャッシング枠が20万円などに設定されている。

 

クレジットカードの提携ATMにカードを差し込めば、その枠からすぐにお金を借りることができる。

 

普通に考えれば、この方法が最も早い。

 

しかし、無駄な利息を払いたくないなら止めておけ。

 

クレジットカードのキャッシング枠には、当サイトでも紹介したアコムのような無利息期間が存在しないからだ。

 

しかも、クレジットカードのキャッシング枠と、一般的な消費者金融の金利はほぼ同じだ。

 

意識高い系の男が言っていた間違い

私が贔屓にしているキャバクラでの出来事だ。

 

意識高い系の雰囲気イケメンの客が、「消費者金融よりクレカ使った方が安全だ」みたいな話をしているのを聞いたことがある。

 

完全に頭がお花畑である。

 

 

一緒に同席して、顔が真っ赤になるほど論破して差し上げようかと思ったのは言うまでもない。

 

しかし私はジェントルな大人なので、やめておいた。

 

彼と同席したキャバ嬢が、お金の相談でもしたのかもしれない。

 

キャバ嬢からのお願い

 

余談ではあるが、私の行きつけのキャバクラは若い学生の女の子が多く、時々経済的な相談をされる事も珍しくないのである。

 

しかし先ほどの意識高い系の彼は、間違った知識をドヤ顔で披露して自己満に浸っておけばいい。

 

当サイトの読者には、正しい知識をつけて欲しいと思う。

 

消費者金融もクレジットカード会社(信販会社)のどちらも「貸金業法」という法律で規制を受けている。

 

何が言いたいか。

 

つまり、どちらでお金を借りても法律上の扱いは変わらないということだ。

 

国に認可された貸金業者からお金を借りたという事実は、それ以上でもそれ以下でもない。

 

ポイント
どこでお金を借りても返済トラブルが無ければ、信用情報の観点からも何の違いもないのだ。

 

例の雰囲気イケメンが何を持って安全と言っているのかは知る由もないが、仮に取り立ての事を言っているとしても間違いである。

 

消費者金融=怖いサラ金のイメージ

そもそも、サラ金というのは「サラリーマン金融」の略語でしかない。

 

よくサラリーマンがお金を借りていたという語呂から、サラ金と呼ばれるようになっただけだ。

 

しかし、確かに70〜80年代頃に暴力的な取立てがあったのは事実である。

 

ちなみに。
今でも違法な貸金業者、いわゆるヤミ金からお金を借りると、もれなく怖い取立てが待っているので気をつけよう。

 

だからこそ、知名度のある大手の消費者金融でお金を借りるのが安心・安全なのである。

 

国から認可された正規の貸金業者であれば、取立てに関する法律も遵守しなければならない。

 

基本的に「身体の危険を感じるような取立て」は法律で禁止されている。

 

万が一、違法な取立てをしたことが公になってしまえば業務停止処分はまぬがれない。

 

つまり、正規の貸金業登録をしている消費者金融であれば、常識的な取立てしかできないのである。

 

ただし、だからと言って借りたお金を返さないのは問題外である。

 

  • 電話やハガキで返済を催促される
  • 信用情報機関に返済遅延の記録が残る
  • 遅延損害金が発生する

 

このように、きちんと法律に則った形で返済を迫られることは当然なので、覚えておこう。

 

お金を借りるのに必要な書類はコレだ!

お金を借りるのに必要になる書類は免許証だけ?

 

お金を借りるのに、どういう書類が必要なのか分からない人も多いと思う。

 

申し込み時に「収入証明書」という言葉を目にして、非常に敷居が高そうに感じてしまう人もいるかもしれない。

 

しかし大丈夫。

 

基本的には、顔写真の付いた身分証明書=運転免許証があれば、お金を借りられる場合が大半である。

 

申し込み時にアタフタしない為にも、分かりやすく必要書類について解説しよう。

 

本人確認書類は必須

当たり前だが、不正にカードローンを利用されないように本人確認書類は絶対に必要である。

 

多くの人が持っている「運転免許証」を用いることを個人的には激しく推奨する。

 

氏名、生年月日、現住所、顔写真などあらゆる情報が載っていることに加え、国が発行(都道府県の国家公安委員会)している証明書だからだ。

 

免許証以外であれば、顔写真が載っている「パスポート」も有効となる。

 

健康保険証については、2016年10月1日から改正犯罪収益移転防止法が施行されることによって、保険証だけでは身分証明書として認められなくなってしまう。

 

ちなみに改正犯罪収益移転防止法とは、悪いやつのマネーロンダリングを防止する法律なので多くの善良な市民には特に関係ないが、悪いやつのせいで私たち一般市民が面倒な手続きが必要になったという不条理は腹立たしい。

 

収入証明書が必要になる場合

原則、運転免許証だけでカードローンでお金を借りることができるが、以下のケースでは「収入証明書」の提出が求められる。

 

消費者金融
  1. 50万円以上の限度額を利用する場合
  2. 他社との借入額が合計100万円を超える場合

 

銀行カードローン

銀行によって異なるが、平均して200万円以上の借入れから必要になる場合が多い

 

消費者金融・銀行で共通

自営業者の人は、場合によって求められることがある。
(毎月安定した給料がもらえる会社員とは収入の仕組みが異なる為で、自営業者を差別しているわけではないぞ)

 

消費者金融の方が厳しいように思えるが、これには理由がある。

 

2010年6月の改正貸金行法によって、多重債務者抑止の為の「総量規制」が施行された。

 

これは年収の3分の1を超える借入れを禁止する法律で、この総量規制によって貸金業者が申込者の年収を把握する必要が出てきたのが原因となっている。

 

ただし、この貸金業法は「消費者金融と信販系」のみが対象となり、銀行カードローンは全く無関係である。

 

つまり、「自分は総量規制に抵触しませんよ!だからお金貸してね!」という事を証明する為に、上記の場合に収入証明書の提出を求められるというわけなのだ。

 

ポイント
小額のお金を借りるなら免許証のみでOKなケースがほとんど。

 

収入証明書として認められる書類

給与支払い明細書

会社が発行するいわゆる給料明細。1ヶ月分だけではなく、直近2〜3か月分を求められることが大半。

 

源泉徴収表

会社員が毎年年末にもらえる書類。会社に再発行をしてもらうこともできるが、時間が掛かることが多い。

 

課税証明書

役所で申請すればすぐにもらえる書類。自営業者でもOK。

 

確定申告書

自営業者なら馴染みのある書類。その年の収入が分かるので、返済能力を証明できる。

 

このように、ちょっとお金を借りたいな〜ぐらいの人であれば、ほとんどが「運転免許証のみ」でお金を借りることが可能だ。

 

高額のお金を借りたい場合や自営業者の場合に、免許証に加えて「収入証明書」を求められるという感覚で問題ない。

 

ポイント
万が一のときの為に給料明細などは捨てずに保管しておけ。

当日中にお金を借りる方法まとめ

当日中に借りたいなら適切な方法でお金を手にしよう

 

お金を借りる際に、どうやってカードローンで借りたお金を手にするか、その方法によって対応できる時間が異なる。

 

つまり、即日融資で当日中にお金を手にするのであれば、ふさわしい方法を選ばないと無理と言うことだ。

 

代表的な方法としては、「振込」と「自動契約機」の2つ。

 

ただし「振込」については、細分化して見ていくと様々な諸条件があるので、それぞれに分かりやすくまとめていく。

 

振込で借りる場合

まず選択肢として、「通常の銀行口座」と「ネット銀行口座」のどちらを利用するのかによって、当日中の振込になる時間が異なる。

 

通常の銀行口座の場合

平日の14時・14時30分・15時まで、と銀行によって当日扱いになる時間が異なるので注意が必要だ。

 

利用者が多い主要な都市銀行であれば、ほとんどが15時までの振込が当日扱いになる。

 

つまり、平日に振込で借りたい場合には、カードローンの審査時間も考慮して、13時(遅くとも14時)までに申し込みが完了していることが望ましい。

 

言うまでもないことだが、土日祝日など銀行窓口が休みの場合は翌営業日扱いになる。

 

ただし、以下の銀行口座とカードローンの組み合わせであれば、平日に限り振込時間が延長されるので要チェックだ。

 

ゆうちょ銀行・三菱東京UFJ銀行

アコムなら初回の借入に限り平日18時まで振り込み延長をしているので、19時には入金が反映される。

 

三井住友銀行

アコムなら初回の借入に限り平日18時まで振り込み延長をしているので、19時には入金が反映される。
プロミスなら日曜夜9時〜翌朝7時やメンテナンス時間を除いて24時間ほぼリアルタイムで入金が反映される。

 

ネット銀行口座の場合

ネット銀行同士の振込であれば、メンテナンス時間を除いてほぼリアルタイムに反映されるが、通常の銀行→ネット銀行への振込の場合は平日15時までという制限が付くことが一般的だ。

 

しかし以下のネット銀行口座とカードローンの組み合わせであれば、土日だろうが夜だろうが振込が反映される。

 

楽天銀行

アコムならメンテナンス時間を除いて24時間ほぼリアルタイムで入金が反映される。

 

ジャパンネット銀行

プロミスなら日曜深夜24:00〜翌朝7時・第3金曜の22:50〜翌朝7:00・メンテナンス時間を除いて24時間ほぼリアルタイムで入金が反映される。

 

24時間振込が反映されるとは言え、アコムもプロミスも審査対応時間が9時〜21時となっている。

 

従って当日中に借りるタイムリミットとしては、やはり余裕を持って審査終了1時間前の20時には申し込みを済ませておいた方が確実だ。

 

自動契約機で借りる場合

振込対応時間に間に合わない、24時間入金されるネット銀行口座を持っていない、自宅にカードが届くとマズイ、といった場合には自動契約機を使うのが賢明だ。

 

主要カードローンの自動契約機は、一部22時まで営業している所もあるが、基本的に21時までの営業時間であることが多い。

 

つまり実質的なタイムリミットは契約機の営業が終わる21時だが、審査時間などを見越して20時までには申し込みを終えていたい。

 

自動契約機を利用する際の注意点

勘違いする人も多いが、自動契約機はあくまで「カード」を発行してもらう場所であって、お金を借りるATMとは別だ。

 

自動契約機に直接出向いて申し込みもできるが、審査結果が出るまでは缶詰状態になる。

 

約1時間ほどは契約機の中で待ちぼうけを食らうことになるので、予めネットで申し込みをして審査結果が出てから契約機に行くのが賢い。

 

そこでカードを受け取って、カードローン直営ATM又は提携ATMからお金を借りるというステップになる。

 

ほとんどの自動契約機には直営ATMが併設されていることが多いので、直ぐにお金を借りることができるが、カードローンと提携しているATMであればコンビニでもお金を借りることは可能だ。

 

主要カードローンであれば、セブン銀行やローソン、イーネットといったコンビニに設置されているATMに対応しているので、日本のほとんどのコンビニを網羅しているといっても過言ではない。

 

ポイント
振込でもカードローンと提携関係にある口座を利用するか、自動契約機を活用すれば意外と夜でも当日中にお金を借りることは可能。

安心してお金を借りられる大手

 
業界最大手のアコム
アコムイメージ
アコムが人気の理由

業界最大手のアコムは、三菱UFJフィナンシャル・グループなので安心・安全。業界最速の最短30分審査や業界最長の30日間無利息など、大手企業の圧倒的なサービス力を誇る。 また、オペレーターの対応が親切で好感がもてるとの利用者の声も多い。

審査 最短30分
融資スピード 最短1時間
無利息期間 30日間
収入証明書 原則50万円以下の借り入れは不要
もう一度、安心して借りられる優良カードローンの一覧に戻るなら、コチラをクリックしてくれ。

 

 

 

貸金業に関わる公的ホームページ

お金を借りる際に関わってくる法令などを詳しく知りたいのであれば、以下の公的機関のリンク先を参考にして欲しい。
→金融庁ホームページ
→日本貸金業協会
→貸金業法について